広島にある横田印房は創業1896年、実印などの印鑑を累計50万本以上の販売実績

幟町、銀山町、何て読みますか?

こんにちは。
横田印房の田頭です。

当店は、県外のお客様からご注文を頂くことがあります。
その方との雑談をした時に気づかせてもらった話。

横田印房の住所は「幟町」
読み方、多くの人が「のぼりまち」と呼んでいるのですが、正確には「のぼりちょう」

そのお客様も「のぼりまち」と思い込んでおられました。
お電話した時に、「のぼりちょう」と自然に私が言っていたので勘違いに気づいたのだそうです。

その次にお話をする機会が有りましたが、好奇心旺盛なお客様で当店の場所をグーグルマップで検索したんだそうです。
そうしたら、幟町は前回聞いたから「のぼりちょう」
近くにある鉄砲町は「てっぽうちょう」 ⇒ 正解!!
なんて、電話口で地名クイズになっていきました。

話していると楽しくなってきます。
広島にも読みにくい地名がいくつもありますが、当店の近くの「銀山町」も読みにくい地名です。
銀山町(ぎんざんちょう)と書いて、何と読むでしょう?とクイズを出しました。

もう、お客様と印章の話がほとんど終わっていたからこそ出来たことですが
正解は「かなやまちょう」と読むんです。呼ぶんです。

と教えて差し上げたら大層喜んでいただきました。
当店スタッフにしてみたら、電車通りを挟んだ反対側で聞きなれている・見慣れている地名ですが、知らない方からすると読めない地名なんですよね。

県外から当店にわざわざお声掛け下さって、電話でこうやって話に花が咲く。
印章店として、嬉しい限りです。

出来上がった印章はヤマト運輸様にて送りまして満足して頂きました。
次、もしお声掛けをいただけたのならそのお客様の住んでいる難しい地名を聞いてみようと思います。

関連記事

  1. 認印の棚には70000本の在庫があります!

  2. 角印ゴム印の相談「縁がうまく押せない」

  3. ニュースレターを始めます

    ニュースレターを始めます

  4. 喪中はがきの問い合わせが増えてきました

  5. ゴールデンウィークの営業日について

  6. 新聞掲載

    中国新聞インボイスの記事に当店代表の話を載せていただきました

  7. 印章相談での来店には予約必要ありません!!

  8. この書類の枠に入るゴム印を作成して欲しい

PAGE TOP