広島にある横田印房は創業1896年、実印などの印鑑を累計50万本以上の販売実績

なぜ実印には篆書体(てんしょたい)が使われるのか

実印の書体に篆書体(てんしょたい)が使用されるのは、丸枠や角枠の中に文字を美しくデザインでき、文字に様々な変化がつけられるからです。

同じ文字でも篆書ならデザインを変化させることが出来る

この二つのデザインを見てください。

左側は「立花道雪」右側には「立花宗茂」とデザインしています。

※印鑑の読み方は右上→右下→左上→左下の順で読みます。

それぞれのデザイン右側に「立花」という姓がデザインされているので見比べてください。

同じ「立花」の名字でも変わっている部分が沢山あります。例えば

  • 両者の「立」の真ん中部分を変えている
  • 立花道雪の「立」は縦に少し長い
  • 両者の「花」の草かんむり部分を変えている
  • 立花宗茂は漢字の書く数が少ないので各文字のバランス調整

などなど。

この様に篆書体(てんしょたい)の文字の千変万化を見て頂きました。

篆書体(てんしょたい)は秦の始皇帝が統一した左右相称を基本としながらも、字形は千変万化を可能とし、丸や角の中に美しくデザインでき、同じ名前でも色々な変化がつけられる文字。

その形状は品格第一、謹厳・流麗・明朗、文字としても様々な顔を持ち、造形は極めて芸術的で皇帝の文字とも言われる所以です。

本人確認・本人の意思確認をする為の大切な実印や銀行印には、世界でたった一つデザインを作ることが出来る「篆書体」が使われるのです。

篆書(てんしょ)を用いた印章は実用美術品

印章の本質は、2千年以上の歴史によって基礎づけられた美学であり、「美あるところに徳を生じ善を招ぶ」と言われます。

印章とは何げなく押した格調高い立派な美しい印影が契約書・見積書その他の書類に留まり、信を示す重さと共に、気品を匂わせ、やがては内容に充実感を与え、その結果信用も増大し、人生・社業に好結果をもたらすもの。

そのために印章には篆書体(てんしょたい)が使用されるのです。

実印に篆書体を使おうか悩んでいる方は参考にしてみてください(^^)

 


PR

横田印房の外観

書体の事で悩んでおられるのなら、良ければ横田印房にご相談してみませんか?

TEL:0120-441-805(お客様相談ダイヤル)
月~金:9時~19時 土:9時~18時 日曜・祝日:お休み

スタッフが丁寧にご質問へ回答いたします(^^) 相談お待ちしております。


 

関連記事

  1. 不要になった印鑑をご供養いたします

  2. 広島市で実印をお探しなら横田印房へご相談ください。

  3. 広島市での印鑑証明の取り方

  4. 横田印房の篆書体

    実印の書体選びで悩んでいませんか?

  5. 國前寺様にある印象塚の写真

    広島の印章供養祭の歴史

  6. つげの角印

    角印について

  7. 3つの質問のテキスト

    実印の電話相談を受けて(横田印房の場合)

  8. 象牙の印材見本

    実印の印材選びにお悩みの方へ

PAGE TOP