広島にある横田印房は創業1896年、実印などの印鑑を累計50万本以上の販売実績

3つの質問のテキスト

実印の電話相談を受けて(横田印房の場合)

こんにちは、店長の田頭です。

今日、電話で実印の製作について相談を受けました。電話口で話していて気づいた事を今日は書きます。

実印の事って知らないのは恥ずかしい? いいえ、そんなことはありません(^^) 僕自身も入社する10年前までは知らない事ばかりでしたし、買う機会がない商品を詳しく知っている人ってそれこそすごいと思うんです。専門店いらないですよね!?
色々考えることがあったので今日のブログにさせて頂きました。

①実印の事をほとんど知らないんですが良いでしょうか?

お電話口のお客様、お電話一番にこの様におそるおそる尋ねてこられました。

「大丈夫です!!」

すぐ伝えました(^^) だって、印鑑専門店に電話する理由って「印鑑購入」か「質問」のどちらかだと思うんです。なかなか買う機会がない「印鑑」の事を聞いてくださるなんて、僕としてはすごく嬉しい。むしろお電話してくださってありがとうございます!!!とお礼を言いたいくらいです(^^)どうしてかと言うと横田印房なら解決できるかも・・・、質問してみようかな?って思って頂けたという事。これ、お店冥利に尽きます。本当に幸せです。

まとめ:実印の事を知らなくても、遠慮なくお電話ください(^^)ノシ

②子どもへのプレゼントに印鑑を渡したいんだけど・・・

「子どもへ実印をプレゼントしたい」という質問でした。直径や材質についてHPを読んだんだけどわからなくて電話させて頂きましたとの事。プレゼントで一生使ってほしいという想いから渡そうと思ったけど、よくわからないとも言われました。話を15分くらい聞かせて頂いたでしょうか。そして、

「でしたら娘さんには13.5mmの牛角。彫る文字も名字ではなく、先ほど○○さんが言われた通りに名前を彫ったらいかがでしょう?」

上の様な提案をさせて頂きました。

こういう提案はお客様の想いや考え方、予算などを含めてある程度お聞きした後でないと提案できません。

正直、お電話や来店後すぐに「お客様のおすすめは黒水牛の材質ですね。大きさは15mmで行きましょう!!」←こんな提案する事出来ません(^^;
じっくり丁寧に話を伺って初めてお客様の想いや価値観にそった商品を提案出来ます。

普通に相談して頂いていたら想いは自然と出て来ます。ですので、想いや価値観を話さなきゃ!!と肩ひじ張らずに質問して頂きます。

すると、ご自身でしっかりとした選択をする事が出来ています。結果的に長電話になってしまいます。

お付き合い頂いているお客様本当にありがとうございます。この場を借りて御礼(^o^)

 

まとめ:気軽に相談にご来店ください。また、お電話でのご相談も大歓迎です!!

電話はこちらから

 

③来店したら買わなきゃいけないんでしょうか・・・?

答えを先に。「来店しても買わなくて構いません。相談だけでも大歓迎です!」といつも答えています。
そのお客さんは電話口でお店の人の時間を使ってしまって申し訳ないという想いから仰ってくださったのだそうです。

ちょっと脱線。

僕の話なのですが10年前に横田印房に入社するまで、印章専門店が存在しているとは考えたこともありませんでした。中学校でもらったプラスチックの印鑑を銀行印にしていましたし、実印なんて持ってもいませんでした。仮に必要になったら安いやつを買えばいいや~とすらさえ思っていました(^^;

なので、印鑑の事が分からないというのはすごくよく分かりますし、こういうお店に相談するのって勇気がいると思います。少なくとも当時の僕なら専門店に入る勇気はない(こんなことを言うと社長ががっかりしそうですがw)と思います。

上の様な気持ちを入社前まで持っていましたが、この仕事に就かせてもらってからは印鑑の世界の魅力にハマり、名字も面白さに目覚め、現在に至ります。本当に素敵な仕事をさせてもらっていると自信を持って言えます(^^)

こういう僕が言えるのは、来店できるのであれば来店して印材を手に取り、触って見て欲しいという事。

百聞は一見にしかずという言葉通りなんです。元々、実印についてあまり知らなくて相談の電話をして頂いた訳ですし、この様に実印を買うというチャンスを得たわけなのでせっかくなら少しでも知識も一緒に持って帰って欲しい。専門店に勤めるものの願いでもあります(^^)

そして、相談をして、購入をすごく悩むお客様には帰って頂く事もあります。
納得して決めて頂きたいからです。「あの時悩んで買ったけど、これにして良かった~(^^)」 もちろん、買わない事で納得するならその決断をして頂けた事をお手伝いできたのを嬉しく思います。

どうしても来店したら買わなきゃいけない!!と感じるお客様は来店時に「印鑑を購入しようか悩んでいるので来ました。相談だけですけど、お願いできますか?」と遠慮なくおっしゃってください。私やスタッフが笑顔で相談を始めると思います。

まとめ:当たり前ですけど来店しても絶対買わないといけない事はありません。安心してご来店ください!お電話の相談も待っています!

電話はこちらから

最後に

改めて、店長の田頭です。専門店に相談するのって勇気がいりますよね。

③の中でも書きましたが、僕自身は印鑑専門店で働く事になるとはつゆほども考えたことがなかったので、お客様とお話していると「そういえばこういう事を悩んだなぁ」とか「この質問ですけど、僕も当時は分かりませんでした!」と心でつぶやく事があります。お話している時には言えませんけど(^^;

どの様な人間か分からないと相談しにくいかもしれませんので僕の自己紹介のリンクを。

悩んでいる時間を少しでも短く出来るように一緒に悩みますので、何か質問があれば遠慮なくお電話くださいね(^^)

少しでもお役に立てることを楽しみに待っております(^^)ノシ

電話はこちらから

関連記事

  1. 広島市での印鑑証明の取り方

  2. 象牙の印材見本

    実印の印材選びにお悩みの方へ

  3. 広島市で実印をお探しなら横田印房へご相談ください。

  4. 横田印房の篆書体

    実印の書体選びで悩んでいませんか?

  5. 広島市の実印登録について

  6. 実印登録申請に必要な物は身分証と印鑑

    広島市で実印を登録するために必要なモノ

  7. 不要になった印鑑をご供養いたします

  8. 國前寺様にある印象塚の写真

    広島の印章供養祭の歴史

PAGE TOP